痛みへの共感

※このブログは、2021年2月12日配信のメルマガを引用しています。

〜「痛みへの共感」〜

世界をひとつにつなげる祭典のリーダーから
多くの人たちから不適切だと捉えられる発言がありました。

力や特権を手に入れ特別扱いされることが当たり前のリーダーには、
言われた側の心の痛みは想像すらできないことでしょう。

他者の痛みに共感できないのは、
自分の痛みから、自分を切り離しているからです。

怖れからの支配を糧にするリーダーは、
自分を強く見せようと、
自分の内側にある、脆さや弱さを
あってはならないものとします。
無自覚に脅かされると、人を見下したり、
威圧したり、自己顕示に走ったりします。

自分の痛みを感じられないと、
他者の痛みを感じることもできません。
痛みの分離は他者への共感の欠損を生み出します。

怖れに基づく力によって分離した世界に必要とされるのは、
共感から相互理解を創り出せるリーダーです。

リーダーが自分自身の弱みや痛みにつながれること。
人間性が問われる、これからのリーダーシップの必須条件になっていくことでしょう。

ぼび(河本伸也)

■メルマガではHMTの最新情報とともに上記のようなメッセージを配信しております。

メルマガ登録を希望をの方はこちらの登録フォームよりお願いいたします。

関連記事

  1. 命への信頼とつながり

  2. どう生きたいか?

  3. ありもしない現実

  4. 豊かさ

  5. ”やること”だけでは十分じゃない?

  6. テクノロジストによる社会変革

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA