<参加者募集中>12/5(木)札幌開催 Mental Model Intro 講座〜自分を知る、理解する、思い出す〜

  • 日時
  • 場所

2019年12月5日(木)13:00〜17:00

〒060-0062
札幌市中央区南2条西10丁目
札幌市中央区民センター 2階和室

メンタルモデルとは
「人が、幼少期に体験した痛みに二度と触れないようにするために、
無意識に決定づけた、その人固有の最も深いところにある信念・思い込み」
のことです。

人は自分の奥深くにある痛みを再生することを「避ける」ためにいつのまにか出来上がった内的システム
の自動制御の中で生きています。

それによって痛みを回避できるようになるかといえば、逆にその痛みをもたらす現実を繰り返し、
翻弄されています。

この、いつのまにか出来上がった精巧な痛み回避システムに使われて生きるのではなく、本当の
自分を生きれる道がある。

それには、人生で抱えてきた自分の痛みの本当の意味と目的を理解することから始まります。

何千人という人間の人生の体験を紐解くプロセスの中で見ていく中で、見えてきたこと、
それは「痛みは”光”だ」ということ。

自分のメンタルモデルを理解することで、
「人生に起きた体験」という人生を織りなしているもの全てから、
自分の人生に一本の糸が通るように、自分の人生の目的を理解することができ、
そこから創造者として生きる目的、その美しさを感じることができます。

このような人生の捉え方、そしてそれを個々人の人生で紐解いていく叡智が
ザ・メンタルモデル」という書籍、そして、
Journey to the Source (JTS) というプログラムで体系化したテクノロジー
Human OS Migration Technology(HMT) として形になりました。

一人ひとりが自分自身と深く繋がり、本当の自分を思い出していくこと。
そして自分がこの人生で本当に果たしたい目的に出会っていくこと。

そのきっかけとなる場を提供したいという思いから、
「ザ・メンタルモデル」の出版のタイミングに合わせて10月にイントロ講座を開催したところ、
2回とも満員御礼となり、追加開催のリクエストを多くいただきましたので、
開催することに致しました。

メンタルモデルはご自身の自己理解に繋がるだけでなく、
ご家族や同僚などの他者理解にも繋がり、「人間」という存在の捉え方の本質が変化する、
そんな機会になるかもしれません。

是非、お越しください。
詳細は以下です。

 

——————
▼開催日時
・(札幌)2019年12月05日(木)13:00〜17:00

 

▼開催場所
〒060-0062
札幌市中央区南2条西10丁目
札幌市中央区民センター 2階和室
Google Map

 

▼参加費
5,000円(税込)

 

▼ファシリテーター
・山本 光裕(Mitsuhiro Yamamoto)
大学在学中からブランド戦略のベンチャー企業への立ち上げ参画や
キャリア教育系NPO法人「NPOカタリバ」の活動に従事し、大学卒業後、カタリバの職員として勤務。
その後、人材紹介業、中国・上海に駐在しての広告代理業、複数の会社で人事として勤務したのち、関西にあるベンチャーのゲーム会社で人事のトップとして人事部門の立ち上げを行う。
2015年に「ひかりゆとりゆたか」という屋号を掲げ、フリーランスとして独立。
人事コンサルティングとしてスマホアプリのベンチャー企業で人事部門の立ち上げ、組織作りを行う傍ら、
ITコンサルティングとして個人事業主や小規模企業のホームページ制作やwebサポートを行う。
現在は、京都・東京・札幌で社会人・事業家向けの個人セッション・グループセッションを展開している。

合同会社CCC(Co-Creation Creators)パートナー
Co-Creationファシリテーター養成講座 プロコース第4期 修了
国家資格キャリアコンサルタント
米国CCE Inc. 認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー

 

▼主催
株式会社LLT(Life Living Technologies)

 

▼共催
Life harmony Sapporo(ライフハーモニー札幌)

 

【申し込み】
以下の“お申し込みフォームへ”をクリックし、Peatixの参加チケットを購入下さい。
(事前チケットサービス会社Peatixの特設ページへ移動します。)
※正式なお申し込みはPeatixでチケットを購入された時点で完了致します。
※申し込み時にご入力いただくメールアドレスにご案内をさせていただきます。
メールが届かない場合は、まず迷惑メールフォルダに格納されていないか、ご確認いただき、
それでも見当たらない場合は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
※事前チケット制度についてお困りの際は、ヘルプページをご覧ください。
※Facebookイベントページはこちら