商号

株式会社LLT(Life Living Technologies)

所在地

〒107-0062
東京都港区南青山2-27-21 南青山227ビル4F

事業内容

お問い合わせ

個別プログラム、法人向けのご相談・ご質問等は、こちらからお問い合わせください

アクセス

東京メトロ銀座線 外苑前駅 徒歩2分
千代田線・半蔵門線・銀座線 表参道駅 徒歩6-7分
外苑前から進むと、左手の郵便局を過ぎ、南青山3丁目交差点を左に曲がった所です。
1階がCITRONというサラダバー、2階は歯科医院です。
玄関がオートロックになっておりますので、着きましたら401を鳴らして下さい。

 

代表取締役

河本 伸也(Shinya Kawamoto)

京都大学大学院修士課程修了後、㈱野村総合研究所入社、経営コンサルタントとして、人と組織に関わるコンサルティングに従事。その後、多角化経営を行うオーナー企業に転職し、新規事業立ち上げ、多角化事業管理、小売事業経営など、多様なマネジメントに関わる。2018 年に株式会社LLTを設立し現職。合同会社CCC 代表 由佐美加子と共に、二元論・分離の意識から全体性への意識変容を橋渡しするHMTと名付けた内的統合の技術を体系化。企業経営者・リーダーから親子まで幅広い層に、自己愛・全体性から生きる人間観・世界観を伝えるとともに、HMTを拡げていくテクノロジストの育成をしている。

現在、株式会社LLT(Life Living Technologies) 代表取締役、合同会社CCC(Co-Creation Creators) パートナー
「ザ・メンタルモデル・ワークブック 自分を観るから始まる生きやすへのパラダイムシフト」著者

パートナー

由佐 美加子(Mikako Yusa)

野村総合研究所、リクルートで勤務した後、グローバル企業の人事部マネジャーを経て、2011年に独立、3年後に合同会社CCCを設立し現職。いい・悪い、正しい・間違っているという二元的な世界観に立脚した生き方ではなく、すべてが”ただある”という内なる世界の受容と自己愛を源とした「全体性」から生きるための智慧や手法を生み出し、統合して個人や組織の覚醒と進化を様々な形で支援している。10 年にわたり、年間250日以上ファシリテーターとして場に立ち、1000 人以上の個人セッションから見出した、HMTと名付ける無意識下にある内面世界を紐解くための技術を体系化。様々な切り口で経営者、企業のエグゼクティブや管理職、一般向けに分かち合い、個人と社会の意識の変容をもたらす活動をしている。また、新しい人間観を元にした親子向けの会員制コミュニティー、じぶん共創塾を主催。

現在、合同会社CCC(Co-Creation Creators) 代表、株式会社LLT(Life Living Technologies) パートナー。
オットー・シャーマー著「U理論」訳者
「ザ・メンタルモデル 痛みの分離から統合へ向かう人の進化のテクノロジー」 著者
「無意識がわかれば人生が変わる – 「現実」は4つのメンタルモデルからつくり出される -」 著者
「ザ・メンタルモデル・ワークブック 自分を観るから始まる生きやすへのパラダイムシフト」著者

JTS ラーニングサークル全体統括

鈴木 美香(Suzuki Mika)

筑波大学物理学科卒業後、予備校講師として数学・物理を担当。出産・育児を経る中、20年間現役高校生に物理の面白さを伝え続ける。その傍らで、助産院での出産体験から、人間の本質に関わる『性といのちの話』の親子向けの講座や学校の講演活動行う。また愛着形成と力学的観点という二つの見方で身体感覚を大事にするだっことおんぶの理論と技術を、ベビーウエアリングコンシェルジュとして親や専門職の方にむけて伝えている。多くの親の相談にのる中で傾聴とアドバイスに限界を感じていたとき、由佐美加子と出会い、NVCやメンタルモデルなどを学び始め、JTSファシリテーター、紐解きセッションなどで探求を続け、現在に至る。

合同会社CCC認定 レゾナントリーダーシッププログラム ファシリテーター
ライフパーパスコーチ・トレーニング修了

JTS ラーニングサークル全体統括

三好 大助(Miyoshi Daisuke)

1988年島根県生まれ。早稲田大学文化構想学部卒業。バングラデシュ・グラミン銀行、 Google にて社会問題の解決に情熱を注ぐ。その現場での葛藤経験から「世界の在りようは、わたしの意識の在りようとつながっている」と気づき、退職。
人間の “意識のはたらき” を探究すべく、由佐美加子・河本伸也と共に “Journey to the Source” はじめとする内的世界を扱うプログラム創作とファシリテーションを行うほか、ネイティブ・アメリカンやペルー先住民のフィールドワーク、詩を中心とした作品発表を行っている。