僕たちのやっていることに誇りを持とう

日本は他国と比較して、
新型コロナウイルスの感染拡大や感染によって亡くなる方が抑えられている(ように現時点では見える)。

なんでなんだろう?

日本人の衛生観念や文化的な面もあるだろうけど、

「お互いを助け合うこと」

それが当たり前に日本人の中にあるからじゃないか。
それがあったから、みんな自粛要請に自然と協力した。
だからじゃないかと。

僕たちは、一人ひとりがそのことをもっと誇りに思っていいんじゃないか。
一人ひとりが、世界に類を見ないくらい偉大なことを成し遂げようとしているんだと。

その誇りがないから、自粛が我慢になって、その我慢が限界に達しているのかもしれない。

僕たちは、自分たちがやっていることの偉大さをもっと自覚したらいい。
それは我慢をしてるんじゃなくて、世界で稀有なくらいの貢献をしていのるのだから。
そして、それをお互いに伝え合おう^^

関連記事

  1. 願いから生きる

  2. ”願い”をもって人生を楽しむ

  3. ”やること”だけでは十分じゃない?

  4. ありもしない現実

  5. 痛みでつながる

  6. 命への信頼とつながり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA