起きていることから気づく

※このブログは、2020年3月11日配信のメルマガを引用しています。

新型コロナウイルスの感染が世界規模で拡大し、
さまざまな意見や不確定な情報が溢れ、
自分自身で判断をせざる得ない状況となっています。

こんなときだからこそ私たちは、
これまで当たり前にやっていたことを
「自分はどこから(起点)その行動をとっているのか」
を問うことで、自分の潜在意識にある
「思い込み(信念)」を観ることができます。

みんながトイレットペーパーを買うと、
自分も買わなきゃってなるのは?
毎日、満員電車に乗って会社にいる意味は何だったのか?
学校でなぜ決まった授業を受けなきゃいけないのか?
私が本当に怖れているのは何なんだろうか?
・・・

家庭、学校、会社、社会、世界に存在している
全ての人間の意識は奥でつながっています。
その集合的な意識が今の世界を創り出しています。

「私たちは今、何を気づき、どんな変化が必要なのか?」

「自分がこの現実を創り出しているとしたら、
自分には何があるのか?」

その理解が現実を変えていきます。

私たち一人ひとりが、
起きていることから自分の内側に気づき、
あることすべてを裁いたり咎めることなく中庸に観ることで、
新しい理解から進化していきます。

皆さまの健康が心の平安と調和の中で守られますように。

ぼび(河本伸也)

■メルマガではHMTの最新情報とともに上記のようなメッセージを配信しております。

メルマガ登録を希望をの方はこちらの登録フォームよりお願いいたします。

関連記事

  1. テクノロジストによる社会変革

  2. ありもしない現実

  3. 願いから生きる

  4. 痛みでつながる

  5. 痛みの連鎖

  6. 僕たちのやっていることに誇りを持とう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA