「じぶん共創塾」とは および 活動内容

 HMTをこれからの時代を担うこども達に伝えたい。
こどもとおとなが共に「あそび」「まなび」合うことで、「じぶん」として自分の生命に適って生きるこどもを育むコミュニティーをつくっています。

じぶん共創塾とは

導くでも教えるでもなく、人間として共に在ること。
それぞれの人生を真実から生きて、お互いの真実に向き合うこと。

この姿勢が子どもたちと向き合う上で何よりも大切だと思っています。

思考と感情、身体を統合した本当の知性を育み
自分を見つめ
本当の自分に出逢い

外側の正しさを鵜呑みにせずに
多様な観点や価値観に触れて

自分の内側の真実から人生を選択し
自分の道を自分で切り開いていく

外側に求められることに従順に応えていくための力ではなく、
どんな場所でも自分で在れる力

それが、これからの世界を生きる力の根幹になる。

そんな力を大人も子どもも育める場とつながりを拡げていくコミュニティーです。

 

2020年度の活動内容について

おとなは

”まなび”を通して”あそぶ”

こどもは

“あそび”を通して”まなぶ”

が、2019年度に引き続き、2020年度のじぶん共創塾のテーマです。

学び⇆遊びのサイクルを、おとなもこどもそれぞれがぐるぐる回して、
みんなで進化していくコミュニティーとして活動していきます。

 

おとなは…

以下の2つのオンライン場により、おとな自身が「じぶんを生きる」こと、「じぶんを生きるこどもとどう共にあるのか」のまなびを深めていきます。

まなび場(毎月1回、夜90分、共創塾会員は参加費無料)

必要なまなびは、日々起きている体験の中にあります。

起きている現実を、ありのままに、いい・悪いの評価判断なく、気楽に自由に分かち合い、

そこから紐解かれる気づきをもとに、

自分自身を観て

自己理解を深め、

一人ひとりの進化を支え合います。

昨年度は参加しているお母さんの横でお子さんが「話を聞いて欲しいことがある!」と顔を出すことが数多くありました。お子さんが横にいて寝るまで一緒に聞いている光景もある場です。

②「じぶんのギフトを生きる」 連続講座
(5〜12月全6回、各回午前150分、会員は参加費無料、詳細はこちら)

これからの世界はどうなっちゃうんだろう、コロナはいつ収束するの?こどもたちの教育はこのままで大丈夫なのだろうか?
先行きを考えるといろんな不安や怖れがあると思います。

自分が望む現実は、もはや誰かに頼っていれば与えられるものではなく、誰かに求めれば得られるものでもありません。

私たち一人ひとりが半径5mをどう生きるか、共に何ができるのか、その創造性で切り開いていくしかない時代になりました。

怖れ・不安にのみこまれそうになっても、どんなときでもいつも平安に立ち返ることができる内側の強い中心軸をつくりましょう。

今こそ家族や人と分かち合えるGIFTに気づき、自覚的になってそれを行動につなげましょう。

この講座は、私たちひとりひとりが自分の中に必ず持っている

“現実を創り出す力”

これを呼び覚ますことを目的として提供します。

時間が2.5時間と毎回限られてますので各パートのエッセンスだけを凝縮してお伝えします。

ぜひご参加ください^^

 

こどもは…

・こどもとおとなが一緒に企画!「あそび場」(基本毎月1回開催)

こどもたちがやってみたい遊び・体験をスタッフと共にオンラインで企画し、実際にどこで何をするかをみんなで決めて体験します。
ご参考までに、2019年度はこんな企画がありました。
高尾の森自由に過ごす体験、路線図すごろく(ローカル線の電車にのり、チームに分かれてさいころの目で出た駅でおりてそこで遊んで次のさいころの目の駅へ進む)、ミュージアム探検、クリスマスパーティーなど
2020年度は今の社会状況を踏まえて「遊び」の要素に加え、「自然」の中で五感を開いて身体を使えるような活動も企画していく予定です。意思を持って仲間と遊びを企て、一緒に遊びの時間をもつことで、人と共に創りだすことを体験する場です。
学校でもない、家庭でもない、誰からも評価されずただ自分のありのままでいられる安心な場とつながりをこどもたちの人生の中に創り出したいと思っています。

・子どものゆんたくタイム(チューター制度、詳細検討中)
※「ゆんたく」とはうちなーぐち(沖縄の方言)で「おしゃべり」という意味です。

「話を聴いてほしい」「宿題見てほしい」そんな子ども達からでてくる声に、スタッフが応える時間です。親でもなく、先生でもない立場の人と話すから本音が言えることもある。こども達が自分の内側にあることを安心して話すことができる時間と場を今年度はつくっていこうと思っています。
オンラインの場をあらかじめ日程設定し、話したい、スタッフと何かしたいというこども達がその場に参加し、そこにいるスタッフがそのニーズに合わせて宿題を見る、みんなで英会話やダンスをする、対話をするなどをやっていく予定です。また、子ども達からリクエストがあるときは日程を調整して時間と場をつくることも考えています。
(詳細については、別途連絡をいたします。)

・4泊5日のBe²🐝キャンプ(年2回4泊5日、参加費別途)

Be²🐝キャンプは春と夏に開催しているこどもたちのキャンプです。大人が決めたプログラムをこどもがこなす、という一般的な構造を一切持ち込みません。このキャンプを通してやりたいことをスタッフとこどもたちが一緒に出し合い、それを日々みんなで話し合いながらみんなが満たせるように活動します。自分を大切にすることを学びながら、何のルールや縛りなく、自分もみんなも大切にするという約束だけで思いっきり遊びます。世界に起きている色んな現実に触れて考えたり感じたりする機会や、源を生きる自己理解のためのテクノロジーを少しずつこどもたちと分かち合いながら、自分のありのままでいる安心や自己表現すること、そこから人とつながれる自己信頼を深めていける体験になります。

今年度は、5月GWに岩手県の遠野で4泊5日で「命の理りに触れる」、をテーマにキャンプを開催します。来年3月にも4泊5日のキャンプを開催する予定です。

 

おとなもこどもも一緒に参加できる場として..(年1回2泊3日)

じぶん共創塾の会員である全てのご家族が参加対象です。おとなもこどももそれぞれ自分たちのニーズを満たしながら、共に過ごします。核家族の中で育っているこどもたちにとって、いつも自分の子に意識が集中しているおとなにとって、色んな人がいる中で遊んで、対話し、学び合い、体験し、親子・家族という単位を超えたコミュニティー感覚を味わえる貴重な場です。おとな、こども関係なく、日常のいろんな枠組から外れて、さまざまな人とのつながりの中で共に創造していく世界を体験できるとても充実した楽しい時間になっています。

 

2020年のスケジュール

まなび場 (オンライン) 20:00~21:30
4月 24日(金)
5月 25日(月)
6月 26日(金)
7月 20日(月)
8月 31日(月)
9月 25日(金)
10月 27日(火)
11月 13日(金)
12月 21日(月)
2021年 1月 29日(金)
2021年 2月 24日(水)
2021年 3月 18日(木)

・「じぶんのギフトを生きる」 連続講座
(オンライン)各回10:00-12:30
※詳細はこちら
5月 29日(金)
6月 29日(月)
7月 30日(木)
9月 17日(木)
11月 9日(月)
12月 28日(月)

・あそび場(企画・場所は各回異なります)
4月 26日(日)
5月 24日(日)
6月 14日(日)
7月 11-12日(土日) ※宿泊企画
8月コミュニティ・キャンプ開催の為、活動なし
9月 6日(日)
10月 18日(日)
11月 15日(日)
12月 19-20日(土日)※宿泊企画
2021年
1月 24日(日)
2021年
2月 21日(日)
2021年
3月Be²キャンプ開催の為なし

・5月GWじぶん共創塾Be²🐝キャンプ@遠野
5月 2日(土)〜 6日(水・祝)

・じぶん共創塾コミュニティキャンプ(開催場所未定)
8月 25日(火)〜 27日(木)

・2021年春Be²🐝キャンプ(開催場所未定)
2021年3月 29日(月)〜4月 2日(金)
じぶん共創塾という小さな種を、今年度も皆様と一緒に共に育めることを、とても楽しみにしています。
感謝と共に。

2020年3月 じぶん共創塾スタッフ一同

 

>>> じぶん共創塾へのご入会はこちらから